未分類

オンラインカジノの税金とは?

オンラインカジノはギャンブルの一種となります。そのオンラインカジノで得た勝利金などには税金が発生するのでしょうか?

また税金が発生する場合どうやって納税するのでしょうか?不安に思ってしまうこともあるかと思いますので今回は「オンラインカジノの税金」をテーマにまとめてみました。

オンラインカジノの税金とは?

そもそもオンラインカジノはギャンブルの一種なので勝利金を得た場合税金は発生するのでしょうか?

結論から先に言ってしまうと「オンラインカジノで得たお金も納税する必要があります。」

基本的にギャンブルでも年間を通して得たお金というものには税金がかかるようになっています。

パチンコや競馬などには税金がかからない?

日本で出来るギャンブルの代表格として「パチンコ」や「競馬」などがあげられると思います。

でもパチンコなどで得たお金を納税しているという話はあまり聞くことがないために、納税する必要がないと認識している人が多くいますが、実際はそうではありません。

パチンコでも競馬でもギャンブルで得たものでもすべてに税金は発生しています。

なぜパチンコや競馬の場合納税する人がいないのか?

パチンコや競馬でもキチンと納税しているという人も世の中にはたくさんいます。

多くの人が納税をしていないだけで本来ならばすべてキチンと提出する必要があります。

ですが多くの人は納税していなくてもバレていない、もしくは処罰の対象になっていないというのが現状です。

なぜバレていないのかを説明すると、簡単に言ってしまうと「お金の流れ」というものが税務局のほうではすべての人を把握することが困難なために見つかっていません。

どういうことかというとパチンコや競馬をするときに多くの人は「現金」を使っていると思います。勝利したときはその日のうちに現金にしてまた手元に戻ってきます。

そのために税務局のほうではすべてを把握しきるということができません。

例えばパチンコ店で10万円分を現金に換金した人がいたとします。

はたから見たら10万円も現金を手にしていいな~と思うかもしれません。

ですが、この人はその日15万円を使っていて実際のところは「5万円のマイナス」ということもあり得ると思います。

その10万円を手にするまでの流れをすべて把握することができないために多くの人は見逃されているということになっています。

オンラインカジノはすべてがバレるために絶対納税する

ギャンブルは納税しなくていいということではなく、現金のため税務局のほうでは見逃されているだけということがわかったと思います。

ですがオンラインカジノの場合はすべてが筒抜けのために必ず納税しないと摘発されてしまう恐れがあります。

その理由は「データとしてすべてが残ってしまう」ためです。

オンラインカジノに入金するときに「クレジットカード」や「銀行送金」をしたとしてもすべてのデータが残ってしまいます。

反対に現金化するときにもオンラインカジノ側からや「ecoPayz(エコペイズ)」や「iWallet(アイウォレット)」などの電子決済サービスからでも銀行送金をして国内口座に振込をしないと現金化することが出来ません。

そうすると何月何日何時にいくら現金化したのかすべての記録がしっかりと残ってしまいます。

税務局は個人の銀行の履歴を見ることも出来るために言い逃れは出来ません。

そのためオンラインカジノで得た勝利金というものはキチンと納税しないと処罰の対象となってしまうためにしっかりと納税しましょう。

どうやって納税すればいいのか?

オンラインカジノで得たお金に関して納税のしかたは「確定申告」をするということになります。確定申告は1月1日から12月31日までに稼いだお金をすべて申告するためのものとなっています。

会社に勤めている人は年末調整などで会社が代わりに代行してくれてやったことがないという人もいると思いますが、本業とは別に収入を得た場合には個別に確定申告をする必要があります。

確定申告をすると会社にバレるのか?

趣味でオンラインカジノをプレイしていただけで勝利金を手にして会社にバレたくないという人や副業が禁止されているという人などは会社以外に収入があることを会社にバレたくはないと思います。

会社にバレずに申告することは可能となっています。どうやってやるのかというと確定申告をするときに書かれている「給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法」という欄があります。

その徴収方法を「普通徴収」にチェックを入れるだけで会社で支払っている税金とは別にオンラインカジノで発生した税金の分だけ自宅に届くように出来ます。

それを支払うことで会社にもバレず、キチンと納税したことになるため残りのお金は自由に使うことが出来るようになっています。

年間50万円以下の場合は税金が発生しない

オンラインカジノの税金は「一時所得」というものに分類されます。

この一時所得には「特別控除額」というものがあり、一年間で最大50万円となっているため50万円を超えない場合は確定申告などをする必要がありません。